現在表示されているページは
TOP > 会社情報 > 会社沿革

会社沿革


1959年(S34)

香川県大川郡白鳥町に「鎌田利(かまたとし)商店」を創業。高級ドレス手袋の製造を始める。

1964年(S39)

写真 「鎌田利(かまたり)株式会社」を設立。主としてゴルフ・ボーリング用グローブを製造。

1968年(S43)

貿易部門を新設、米国プロラインへのグローブ販売開始。

1972年(S47)

アメリカに現地販売会社「Kamatari American Corp.」を設立。
(現地のKasco Corp. of Americaの前身)

1973年(S48)

東京に販売会社「(株)カスコ ジャパン」を設立。昭和58年には大阪にも販売子会社を設立。(平成元年統合合併し「キャスコ販売株式会社」に変更)

1977年(S52)

韓国に現地生産工場「韓国鎌田利株式会社」を設立。

1978年(S53)

台湾に現地生産工場「Taiwan Kamatari Co.,Ltd.」を設立。

1980年(S55)

ゴルフ用バッグ類製造開始。

1982年(S57)

ゴルフボールの製造開始。

1983年(S58)

新鋭ゴルフボール志度工場落成する。
イギリスに現地販売会社「Kamatari(UK)Ltd.」を設立。
(現在は社名「Kasco(Europe)Ltd.」)

1986年(S61)

写真 世界初ソリッド3ピースボール「DC432」を開発、製造開始。

1988年(S63)

タイに現地生産工場「Kamatari(Thailand)Co.,Ltd」を設立。

1989年(S64)

台湾に現地販売会社「Taiwan Kasco Corp.」を設立。

1990年(H2)

ゴルフクラブ製造準備開始。

1991年(H3)

タイの現地販売会社「Kasco Golf(Thailand)Co.,Ltd.」を設立。

1992年(H4)

キャスコ販売(株)を吸収合併し、社名を「キャスコ株式会社」に社名変更。本社所在地を香川県大川郡白鳥町から大川郡志度町に変更。
クラブ自社一貫生産を開始。

1993年(H5)

韓国に現地販売会社「Korea Kasco Ltd.」を設立。

1994年(H6)

新素材スーパーハイテン使用のゴルフクラブ開発、製造開始。

1997年(H9)

世界初ソリッド4ピースボール「ロケッツ」を開発、製造開始。

1999年(H11)

ユーティリティクラブ「パワートルネードを開発。
「パワートルネード」製造開始。

2000年(H12)

カナダに現地販売会社「KASCO GOLF(CANADA)LTD」を設立。

2001年(H13)

台北営業所開所。

2004年(H16)

写真 ボール「DUAL MODEシリーズ」と新カテゴリークラブ「iTILITY」を発売

2005年(H17)

新革命高輝度カバー、高反射で「見える」を実現した「KIRAボール」を発売

2006年(H18)

第4世代に進化した鍛造スーパーハイテン使用のユーティリティ「パワートルネードFG」を発売

2008年(H20)

アメアスポーツジャパン株式会社からウイルソンゴルフ事業を引き継ぐ
代表取締役社長に高橋芳彦が就任
ユーティリティクラブのパイオニア・パワートルネードの5代目「パワートルネード斬」を発売

2010年(H22)

マミヤ・オーピー株式会社の連結対象子会社となる。

2011年(H23)

最上級の輝きと飛びを実現した「KIRA クレノ」を発売
原点回帰的進化をとげた6代目パワートルネードユーティリティを発売

2012年(H24)

ボール製造30周年を迎える。

  • 【ONLINE SHOP】インターネットショッピング

商品カタ・前
 DW-116
ご購入者様ユーザー登録

  • 企業理念
  • 会社沿革
  • 会社概要
  • 電子公告
  • 採用情報

このページの上部へ

キャスコ株式会社