現在表示されているページは
TOP > 会社情報 > 企業理念 生産

生産

他社にはない高品質、高機能商品を生み出すために、キャスコは、自社一貫生産

グローブで培った繊細な生産技術が息づいています。

キャスコの歴史は、グローブの製造から始まりました。素材の開発、材料の裁断、そして縫製。自らの足で世界中を探して集めた天然皮革、その数200種類以上。数万人の手のデータから最適のパターンを作成。グローブの完全自社生産が、確かな品質の商品を生み続け、その哲学と、姿勢が総合ゴルフ用品メーカーとしてのキャスコを支えています。


ボール製造 写真:ボールチェック 機械化されたラインでも、最終的なチェックは熟練工により入念にされています。
  1. 1.コア製造 (原料配合→混練り→加硫→研磨→検査)
  2. 2.カバー成型 (樹脂成型→研磨→検査)
  3. 3.塗装 (表面加工→マーク印刷→仕上塗装→検査)
  4. 4.箱詰・出荷 世界特許の多重コア構造のボール。特性の設計も自由ですが、その構造から高度な製造技術が必要です。(志度工場)
クラブ製造 写真:研磨工程 研磨工程。鋳造されたクラブヘッドは、ひとつひとつ丹念に磨かれます。
  1. 1.ヘッド製造 (モールド成型→鋳造→研磨→塗装)
  2. 2.シャフト成型 (芯巻き→焼成→研磨→塗装)
  3. 3.組み立て (ヘッド付→調整→グリップ付→仕上)
  4. 4.箱詰・出荷 鋳造から組み立てまで同一ラインのもとで作られています。(志度工場)
グローブ・バッグ製造 写真:タイ工場グローブ縫製風景 タイ工場グローブ縫製風景。現地従業員約400名。キャスコの主工場としてグローブ、バッグが生産されています。
  1. 1.裁断 (原料検品→天然皮革加工→パーツ別裁断)
  2. 2.縫製 (パーツ別縫製→集約縫製→部品付け)
  3. 3.仕上 (糸切り→型取り仕上→検品)
  4. 4.箱詰・出荷 キャスコの物創りの原点であるグローブ。世界のトップであり続けるために努力しています。(タイ工場)
  • 【ONLINE SHOP】インターネットショッピング

商品カタ・前
 DW-116
ご購入者様ユーザー登録

企業理念
  • 企画研究開発
  • 生産
  • 会社沿革
  • 会社概要
  • 電子公告
  • 採用情報

このページの上部へ

キャスコ株式会社