キャスコ株式会社

GLOBAL 世界のキャスコ

現在表示されているページは
TOP > 上達も健康も手にはいる!ゴルフで健康プロジェクト

上達も健康も手にはいる!ゴルフで健康プロジェクト

ゴルフを上達したい一心で、テクニックの習得ばかり一生懸命になってはいませんか?

ゴルフが上達できて、さらに健康も維持することができたら、こんなに素晴らしいことはありませんよね!
テクニックの上達には、まず土台となる自分の体を変えることが重要。
好きなゴルフをして健康になってほしい。
力まない、しなやかなフォームで正確なショットやバネのあるパワフルなゴルフをするためにも、ストレッチやトレーニングを普段から行う必要があります。
ただし、反動をつけた無理なストレッチやトレーニングは、身体に余計な負担をかけてしまいます。
ゴルフのスコアアップを目指しながら、腰痛や肩こり、肘や膝の関節痛などの予防、さらにはメタボリック予防といった、健康のために誰でも簡単に長く続けられるエクササイズです。

正しい方法を覚えて、スコアアップを目指しましょう!

小久保晴代

監修 小久保晴代
健康管理士
スポーツインストラクター
フリーアナウンサー
ゴルフラウンドレポーター

ふくらはぎのストレッチ

〜For Golf〜
足がつった経験、ありませんか?

つま先上がり、つま先下がり、右上がり、左上がりなどの傾斜や、バンカーなどの砂地でナイスショットを打つためには、体を支える筋力が必要。
とくに地面に一番近い、ふくらはぎの筋力が必要なのです。(図1〜3参照)
この筋力が弱いとバランスがとれにくくなり、ナイスショットが生まれません。
どのような傾斜でも安定したスイングをするためには、ふくらはぎの筋肉の強化や柔軟性の向上は必至です。

  • 図1 つま先上がり
  • 図2 右上がり
  • 図3 バンカー
〜For Health〜
滞った血液を送り出す大事な役割り

心臓から送り出された血液は体中をめぐっています。
足に送られた血液は重力に逆らって心臓へ戻っていきますが、その時に大きな働きをするのがふくらはぎの筋肉。
この筋肉が収縮することで、血液を心臓に送り返す手助けをしているのです。
ふくらはぎが硬く柔軟性がないと血液を心臓に送り返す力が弱まり、足に血液が滞りやすくなって、むくみやだるさ、冷えなどの症状が現れます。
さらに、血液が心臓に戻りにくくなることで、消化機能や神経の伝達、脂肪燃焼、疲労回復などが充分に出来なくなります。
健康維持のためにも、ふくらはぎの柔軟性は必要なのです。

【ふくらはぎのストレッチ】おススメクラブ:7番アイアン
  • 1
    クラブを持ち、両方のつま先をまっすぐにして立つ。
    2
    右足を大きく後ろへ引き、かかとが地面から浮かないようにする。
    (つま先が外側に向かないようにする)
    息を吸って、吐きながら前の左足のひざだけを曲げる。
    (背中が反らないように注意し、目線は下にする)
    左足も同様に行う。

息を止めずに45秒間キープ。

内もも強化

〜For Golf〜
安定した下半身を作るために

テイクバックで力をためる、インパクトでしっかりとボールをとらえる、フォロースルーでボールを運ぶという、一連の動きを支えているのが太ももの筋肉。
とくにイメージ通りのスイングを完成させるためには、内ももの筋肉(内転筋群)の強さが必要なのです。

  • 図4 テイクバック
  • 図5 つま先下がり

この筋肉が弱いと、体がブレてしまい、ボールに力が伝わらなくなってしまいます。
内ももの筋肉を強くすることで、体の内側に力が集中し、ミート率が高まり、正確なショットを打つことができます。
とくにスタンスを狭くとるアイアンを使用する場合、安定感が得られるでしょう。
また、プレー中の膝の怪我予防にもなります。

〜For Health〜
体重を支える膝を保護

膝は体の動きや上半身の体重を支えている重要な部分ですが、膝だけで体重を支えるにはとても負担が大きいのです。
その負担を軽減するのが、膝の上にある太ももの筋肉。
しかし、この筋肉が衰えると体重が膝にかかり、負担に耐えられなくなると痛みが発症します。
膝を守るためにも、筋力をつけることが大切です。

【ふくらはぎのストレッチ】おススメクラブ:5番アイアン
  • 1
    スタンスを内股にとる。
    内ももにボールを挟み、落とさないようにゆっくりと膝を曲げる。
    • ※まずはボール1個から。慣れてきたら増やしてみましょう。
    • ※45秒がキツイ方はまずは30秒を目安に。

息を止めずに45秒間キープ。

《TOPICS》

日焼け止めクリーム、まさか去年の・・・

日焼け止めクリーム、まさか去年の・・・

3月下旬から5月は、年間で最も紫外線量が多い時期。
天気の悪い日だって、芝生からの照り返しで、意外に紫外線を浴びてしまうのです。
だからこの時期、日焼け止めクリームはマストアイテム。

でも、ちょっと待って!
去年の日焼け止めクリーム、そのまま使っていませんか?
食べ物に賞味期限があるように、日焼け止めクリームにだって有効期限があるのです。
お肌のためにも、古い日焼け止めクリームの使用には注意です。
そして意外に忘れがちなのが、唇。
UVカットのリップクリームを塗ることもお忘れなく。

サンバイザーやキャップ、UVカット用サングラスなども紫外線防止には必須アイテム。
目の保護をしながら、芝のラインを読みやすくしてくれる偏光サングラスはおススメですよ。
日焼けによるシミやくすみは、数年〜数十年後に出てきますからね。
女性だけではなく、男性もしっかりと紫外線対策、心がけていきましょう!

くしゃみ、鼻水で集中力が途切れるなんて・・・

くしゃみ、鼻水で集中力が途切れるなんて・・・

ゴルフに「集中力」は欠かせないもの。
けれどこの時期、多くのゴルファーを悩ませるのが「花粉」。
下を向いては鼻水がポトッ。目はショボショボ、頭はボンヤリ。
集中力をキープするのは難しいものです。
だからといって、大きなサングラスやマスクをしていては、満足のいくスコアも出ない…。
花粉症ゴルファーにとってこの時期は、本当に大変ですよね。

でも最近は、さまざまな花粉症対策グッズが出ています。
鼻水も花粉もシャットアウトする、すぐれものの鼻栓や鼻マスク。
鼻詰まりには鼻腔拡張するテープ。(これはなかなかイイですよ!)
なによりも目立たず、ジャマにならないのが最近の特徴。
少しでも集中力を途切れることなくプレーするためにも、最新グッズを利用して花粉をブロック!
ゴールデンウィークも花粉に負けず、ゴルフを楽しみましょう!

次回予告
《ゴルフ上達のためのエクササイズ》

飛距離と方向性とパワーを生み出すために必要なストレッチ
第1弾 首・肩まわり編
★第1弾 首・肩まわり編
《TOPICS》
スコアアップを目指す集中力のつけ方 
 
疲れ知らずのテーピング  など
(有)フォレスト
〒224-0061
横浜市都筑区大丸22-5
TEL 045-309-0036
URL http://www.forestweb.biz
Mail info@forestweb.biz

pagetop

キャスコ株式会社 〒769-2192 香川県さぬき市志度5412 012-371-562