本文へジャンプ

ユニバーサルデザインコンセプト

ユニバーサルデザイン UDとは?

ユニバーサルデザインとは "すべての人のためのデザイン" を意味し、年齢や障害の有無などに関わらず、最初からできるだけ多くの人が利用可能であるように設計することを言います。
1980年代にノースカロライナ大学のロナルド・メイス氏によって提案されました。

誰でも怪我などで一時的に障害をもつことがあります。言葉のわからない土地に行けば移動制約者となります。
ユニバーサルデザインは "すべての人が人生のある時点で何らかの障害を持つ" と言うことを、発想の基点としています。具体的な商品としては切り込みを入れたテレホンカード、切り込みの入った牛乳パック容器、シャンプー・リンスのでこぼこなどがあります。

それは障害を持つ人だけに便利に出来ているのではなく、一般の人にも大変便利に出来ています。

このページの上部へ