本文へジャンプ

ユニバーサルデザインコンセプト

ユニバーサルデザインのゴルフにおける意味

日本では1997年の1億ラウンド数から現在の8000ラウンド数までゴルフ場のプレイ数が減少しています。
また少子高齢化の中、日本のゴルフを活性化させる為には高齢者のゴルフ離れを防ぎ、またより多くの人がゴルフに参入できるようにしなければなりません。

ゴルフは4cmの非常に小さなボールを250m先まで飛ばす、類まれなスポーツです。

ボールが見えやすい事はプレイヤーにとって心理的にも、実利的にも重要なことです。

近眼の人、老眼の人、高齢化で増加しつつある白内障で見えにくい人、20人に一人いると言われている赤や緑が見えない色弱な人、見ることが改善されたら多くの人がゴルフをもっと楽しむ事が可能となります。キラは見えると言う視点からより多くの人が利用できるようにアクセスビリティーを高めています。

このページの上部へ