本文へジャンプ

飛びの技術

シリコンテクノロジー

飛距離と打感を高次元で満たしたキャスコの「シリコンテクノロジー」

分子の屈曲性がよく高い柔軟性。螺旋(らせん)状に結合する分子構造がスプリング効果を発揮します。
キャスコはこの柔軟性と反発弾性を併せ持つシリコンを、世界で初めてボール素材として採用。
ソフトフィーリングはそのままに、ボール初速を最大限まで高めるとう画期的な特性を生み出しました。
柔らかいボールは飛ばないという常識を一新しています。

  • ウェッジには柔らかく
    ウェッジには柔らかく
    強い衝撃にはより強く反発
    強い衝撃にはより強く反発

※ボール状のシリコン

反発弾性と圧縮復元性を兼ね備え、与えられる衝撃によって変幻自在に反応するシリコン。
ドライバーなどのショットはよりパワフルに、ヘッドスピードに応じて最大限の飛距離を実現。
同時にショートアイアンなどはよりソフトにスピンの聞いたコントロールショットを可能にします。

シリコンの上に置いた鉄球は5分で沈む

  • シリコンの柱に鉄球を置くと・・・
    シリコンの柱に鉄球を置くと・・・
    5分後には鉄球の重みでシリコンが潰れてしまう
    5分後には鉄球の重みでシリコンが潰れてしまう

シリコンを柱状にしてその上に鉄球を置くとすぐに沈み始め、数分でシリコンの形は変わります。
柔らかいとされるウレタンよりもはるかに柔らかい。

落下した鉄球は大きく跳ねる

  • 落下した鉄球は大きく跳ねる

柱上にしたシリコンの上に鉄の球を落としてみると、鉄球はシリコンに当たると同時に大きく跳ね上がります。
ウレタンにはない強い反発力がシリコンの特性。

このページの上部へ