現在表示されているページは
TOP > ものづくり > キャスコ ゴルフボールのあゆみ

キャスコ ゴルフボールのあゆみ

日本のゴルフ人口が1000万人を超え、ゴルフが大衆化されつつあった1982年(昭和57年)5月、キャスコはゴルフボールの製造を開始し、そして2012年、30年の節目を迎えました。
これもひとえにご愛顧頂いております皆様のお陰と深く感謝しております。

※赤字のタイトルをクリックすると詳しい情報が見れます

1982年 5月 国内に自社ブランドのマーケットを作りたい、企業の新たな柱を作りたいという想いから、ゴルフボールの製造を開始。
1983年
キャスコブランド第1号ボール「RS-1」発売。

キャスコブランド第1号ボール「RS-1」発売。

キャスコブランドの商品が必要、ということで約1 年にわたる研究の結果、1983 年に第1 号ボール「RS-1」を発売しました。
RS-1のパッケージには「犬」のキャラクターが。犬種は大きな体格と穏和な性格で親しまれる” グレートデン” です。
犬は昔から魔除けや幸運を運ぶ「繁栄」の象徴として親しまれていましたので、「キャスコのボールが長く親しまれ続けますように…」という願いをこめて描かれました。
志度工場が誕生。

当時の志度工場

当初ファーイースト社から譲り受けた玉野(岡山県)・三木(香川県)の2つの工場で生産を行っていました。しかし、設備の老朽化がひどく、立地の不便さもあり、現本社のある志度(香川県)に【品質最優先した最新鋭の設備を持つ工場】として建てられたのです。

平賀源内

平賀源内の出生地でもある志度。いくつかの候補地からこの地に決定した理由には、もちろん土地の広さや設備設置の条件等が主ですが、発明家や学者として活躍した幕末の奇才にあやかり、【世界をあっと驚かす高性能ボールを開発したい】という思いもありました。

社員達もこの新工場に期待していました。「当時の工場はボロボロで新工場ができるのがとても楽しみでした。ワクワクして建設中も志度工場をよく見に行っていました。新工場は」と語るのは、1983 年に入社したボール開発の川畑氏。
こうして、夢と希望に満ちて誕生した志度工場で数年後「世界初」が生まれるのです。

1986年
世界初ソリッド3ピースボール「DC432」を発売。

DC432

キャスコゴルフボールの「飛びの原点」とも言えるボールが誕生します。世界初・3層構造ボール「DC432」です。他社より後発で始めたボールづくりだったので、「他社と同じようなものを作るのでは競争にならない」という考えの下、品質の良いものを作ることに熱中、開発に3年かかりました。

DC432

DC432は、一つのボールに飛距離とコントロール性を両立させた世界初の3層構造ボールでした。当時、ゴルフボールといえばツーピースと糸巻きが主流。カバーが硬ければ飛距離は伸びるがコントロール性は落ち、逆に柔らかければコントロール性は上がるが飛距離は望めない。キャスコはこの常識を覆し、外核にハードコア、内核にソフトコアを組合せることにより、いち早くデュアルコア構造に成功しました。

自分に合うボールを多様なスペックから選べるのもDC432の特徴の一つ。 それは「すべての人に最高の性能を!」と言う願いからでした。可能にしたのは柔らかくても初速が低下しない【デュアルコア】という技術革新。ハードヒッターからシニア、レディスまで自分に合ったボールを選べるこの発想はKIRAにも活かされています。

DC432

一目でわかる構造マークも特徴の一つ。【デュアルコア】を表したシンボルマークを中心に、コア硬度などのボール性能がわかりやすくなっていました。

DC432

DC432

STARの文字が刻まれたパッケージもユーザーには人気でした。でもなぜ、STAR(スター)という文字が…
それは、DC432のディンプルパターンが5角形の配列と3角形の配列の組合せであったためです。5角形の頂点を結んだ形=スターということで、スターディンプルと読んでいたからなのです。もしかしたら、フェアウェイのスターになれるボールという意味も込めていたのかも。

DC432

1997年
世界初4層構造ボール「ロケッツ」発売。
ロケッツ
1998年 3ピース+高反発ターボレイヤー装着「スーパーソニック」発売。
1999年 ソフトフィーリング4ピースボール「スーパーソニックソフト」発売。
2001年
世界初 シリコーン素材をコアに採用した「シリコンパワー」発売。

シリコンパワー

シリコンが可能にした、驚異の飛びとソフトなフィーリング。
強い衝撃に対して反発が強く、柔らかい衝撃には吸いつきがいい。反断発性と圧縮復元性を兼ね備えるシリコンに、キャスコはゴルフボールの素材としていち早く注目。ドライバーなどの大きな力にはよりパワフルに、アプローチなどの小さな力にはよりソフトに対応する、理想的なボールが誕生しました。

シリコンパワー

2003年
世界初5層構造ボール「キャスコロイヤル」を発売。

キャスコロイヤル

ロイヤルの名にふさわしい、1個1,050円の高級ボール

2004年 飛んで止まる2コア2カバーボール「Dual Mode Tour」発売。
2005年
通常のボールに「見える」を追求したKIRA採用モデルを発売。

KIRA

ボールが見えると、もっと楽しい。
ゴルフの楽しさを追求する「KIRA」誕生。
キャスコはゴルフボールに求められる「飛ぶ」「止まる」「打感がいい」という性能に、「見える」という新たな価値を見出しました。きっかけは白内障を患ったゴルファーの声。「飛んでいくボールが見えない。自分のボールが探せない。ゴルフが楽しくない・・・やめようか」となやまれていたのです。大好きなゴルフを長く楽しんでほしい―その想いから、従来の白いボールより「見える」ことを追求したボールを開発しました。

2008年
見える!飛ぶ!「KIRA」をブランドとして発売開始。

見えるゴルフの楽しさをより多くの人に。KIRAは、みんなが選べるブランドへ。
「シリコンKIRAボール」の好評を受け、キャスコは「KIRA」のブランド化を決定。上級者好みのスピン性能を実現した「KIRA Distant&Spin」、ソフトフィーリング向上で大きく飛ぶ「KIRA Soft&Distant」、女性のための飛びボール「KIRA Ladies」と、バリエーションを拡大していきました。

KIRA ブランド

2009年
「見える」とコストパフォーマンスを実現した2PCボール「KIRA★STAR」発売。

KIRA STAR

KIRAボールで非常に見え易いと好評のカバー材を基にしたKIRA★STARオリジナルの高輝度KIRAカバーを採用。最高の見え方を実現します。また、高弾道ディンプル、高弾道コアを採用することで飛びの性能も実現しまし。

2010年 かわいいKIRAのキャラクター「KIRA4ブラザーズ」誕生。
2011年
KIRAのフラッグシップモデル・最高の飛美を実現する「KIRA KLENOT」発売。

KIRA KLENOT

あなたの「飛美」を実現する
発売以来、多数問い合わせいただいた「白いKIRA」を、開発を重ねてようやく実現。
まだ白いボールを使っているゴルファーに「見える」ことでもっと楽しくプレー出来ることを提供します。

2012年 おかげさまで30周年を迎えました。
  • 【ONLINE SHOP】インターネットショッピング

商品カタ・前
 DW-116

キャスコ ゴルフボールのあゆみ
  • あゆみ
  • 発売一覧

このページの上部へ

キャスコ株式会社