KASCO

お陰様で60周年、還暦を迎えました。
皆様のご愛顧に心より御礼申し上げます。

モノづくり60年、
どこにも負けない品質、他にはない発想、最新のテクノロジーで
グローブからボール、クラブへとアイテムを広げてきました。
原点は変えず、ゴルファーの皆様が
もっとゴルフを楽しむには何が必要か、
どんな感動を届けることができるかを考えて
チャレンジを続けて参ります。

#キャスコ60周年
インスタグラム キャンペーン
今週のキャスコネタ
■毎週1つ、キャスコのちょっとした雑学・小ネタをお届けします!
KIRAボールは太陽の光を味方に見えている!
KIRAは単なる色付きボールではありません。適切な蛍光材とカバー材内部の光散乱を利用することで紫外線を人が見ることの出来る可視光線領域の光に変更し、より多くの光が目に届くことで「見える」ボールです。
白いボールや一般のカラーボールは、ボール表面に当たった光だけが反射して人が認識していますが、KIRAボールは紫外線散乱効果が通常の表面反射以外の光を有効利用しているのです。だから白内障を患ったおじいちゃんにも100ヤード先のボールが見えるのです。
60th HISTORY
■クリックすると詳しいエピソードが表示されます。(エピソードは随時追加します)
1959年(S34)
香川県大川郡白鳥町に「鎌田利(かまたとし)商店」を創業。高級ドレス手袋の製造を始める。

ドレスグローブ

創業者・鎌田利彦が自身の出生地である白鳥町に「地場産業である手袋で世界一の手袋業者を目指そう」と「鎌田利(かまたとし)商店」を創業。
キャスコ株式会社が産声を上げました。

1960年(S35)
「良品完成」を社是とする。

良品完成

創業者・鎌田氏が通う経営学校の先生から「何を信念に経営している?」と聞かれ、不意にもかかわらず「良品完成です。」と答えました。
“創意と熱意と人の和で”良い商品を創り上げようという意味で、創業者・鎌田氏は創業30周年の際に「「良品完成」というのは、死ぬまで続けても終わりが来るものじゃない。
永遠によりよいものをつくることに徹して、世界中のお客様に喜んでいただく」と語っています。

1962年(S37)
スポーツグローブの研究に着手する。

初期のグローブ

ドレス用や防寒用手袋では寒い季節に売れずリスクがあることから、ゴルフ、ボウリング、テニス、乗馬、バッティングなどの手袋生産に取り組み始めました。

1964年(S39)
「鎌田利(かまたり)株式会社」を設立。主としてゴルフ・ボーリング用グローブを製造。

ボーリンググローブ

東京オリンピックが開催される3か月ほど前、法人化し「鎌田利(かまたり)株式会社」を設立。
名前の由来は、「鎌田利(かまたとし)商店」を銀行の事務員さんに「かまたり さん!」と誤って呼ばれたが、その響きの良さに惚れて。

1967年(S42) ドレス手袋からの撤退と、スポーツグローブへの特化を決意。
1968年(S43) 貿易部門を新設、米国プロラインへのグローブ販売開始。
1972年(S47) アメリカに現地販売会社「Kamatari American Corp.」を設立。(現地のKasco Corp. of Americaの前身)
KAMATARI SPORTS COMPANY より、「KASCO」を造語創出し、以後ブランド名称として使用する。
1973年(S48) 東京に販売会社「(株)カスコ ジャパン」を設立。昭和58年には大阪にも販売子会社を設立。(平成元年統合合併し「キャスコ販売株式会社」に変更)
1978年(S53) 台湾に現地生産工場「Taiwan Kamatari Co.,Ltd.」を設立。
1980年(S55) バッグ部門を設立し、ゴルフ用ボストンバッグ、シューズケースの製造販売を開始。
1982年(S57) ゴルフボールの製造販売開始。
1983年(S58) 新鋭ゴルフボール志度工場落成する。
最初のコースボール新製品「RS-1」を発売。
1986年(S61) 世界初ソリッド3ピースボール「DC432」を開発、製造開始。
1988年(S63) タイに現地生産工場「Kamatari(Thailand)Co.,Ltd」を設立。
1990年(H2) ゴルフクラブ製造準備開始。
1991年(H3) タイの現地販売会社「Kasco Golf(Thailand)Co.,Ltd.」を設立。
1992年(H4) キャスコ販売(株)を吸収合併し、社名を「キャスコ株式会社」に社名変更。
本社所在地を香川県大川郡白鳥町から大川郡志度町(現さぬき市)に変更。
クラブ自社一貫生産を開始。
1993年(H5) 韓国に現地販売会社「Korea Kasco Ltd.」を設立。
1994年(H6) 新素材スーパーハイテン使用のゴルフクラブ開発、製造開始。
1997年(H9) 世界初ソリッド4ピースボール「ロケッツ」を開発、製造開始。
1998年(H10) キャスコのロゴマーク「Kマーク」が誕生。
1999年(H11) 大ヒット商品となる ユーティリティクラブ「パワートルネード」を発売。「クラブオブザイヤー」など、数々の賞を受賞する。
2004年(H16) ボール「DUAL MODEシリーズ」と新カテゴリークラブ「iTILITY」を発売。
2005年(H17) 新革命高輝度カバー、高反射で「見える」を実現した「KIRAボール」を発売。ゴルフボールのカラーボール化の火付け役になる。
2008年(H20) アメアスポーツジャパン株式会社からウイルソンゴルフ事業を引き継ぐ。
2011年(H23) バングラデシュのMamiya-op Ltd内にグローブ生産ラインを新設。
2013年(H25) 徹底的に抜けの良さを求めた「ドルフィンウェッジ」発売。バンカー・アプローチの救世主として大ヒット。
2016年(H28) 半分で色を変えたバイカラーボール「KIRALINE」を発売。
2018年(H30) 業界初、0.5cm刻みのゴルフグローブ「TOUGH FIT」発売。
2019年(H31) 創業60周年