DOLPHIN WEDGE DW-120G(セミグースネック) N.S.PRO 950GH neoスチール

¥19,800(税込)
カートへ入れる

Product Overview

新設計 クアッドソール

■【潜らない】ソールから、【潜らない×刺さらない】ソールへ

ドルフィンウェッジ DW-120G
バンカーが苦手な人でもラクに
脱出できるウェッジ

バンカーでもフェースを開かないゴルファー、フェースを開いて打つことが苦手なゴルファーが、これまでのドルフィンウェッジよりも更に「バンカーからラクに脱出できるウェッジ」をコンセプトに開発。ドルフィンウェッジがこれまで着目してきたソール形状に、更なるやさしさ、抜けの良さ、操作性を追求しました。

クアッドソール採用の
新セミグースネックモデル

DW-120Gはリーディングエッジをストレートネック(DW-118)に比べて3.5mm後方にセッティング。球をはこぶイメージで打て、ボールがつかまりやすい設計。また、単にグースネックにしただけでなく、グースネックにありがちなザックリミスもバンス角を適正にすることで解消しています。

新構造 ヒールグルーヴ

■打点バラツキによるヘッドのブレを軽減し、ミスショット時の打球の左右への方向安定性を追求。

ヒール側の重量を抑えトゥ側に重量配分する事で、重心位置と打点位置を近付けている。インパクト時の力をより効率的にボールへ与えるとともに、 打点のバラつきによるヘッドのブレが少なくなり、打球の左右への方向安定性が向上。

 

番手別逆さ富士設計/
ファインループミーリング

■キュキュッと止まるスピン性能を追求しました。

番手別逆さ富士溝設計

番手別にエッジのRの大きさを変化させた逆さ富士型溝を採用し、求められるショットに応じた最適なスピン性能を発揮。さらに、リーディングエッジ近くまで最大本数(当社比)入れることで、スピン性能を高めた。

ファインループミーリング

フェース表面を精密にミーリングすることでフェース面の平滑度が高まりショットが安定。

64°ラインアップの理由

アベレージゴルファーの約70%がバンカーショット時にフェースを開いて打っている。しかしフェースを開くと目標方向に振り抜くイメージが出にくく、ミスが起こりやすい。56°のウェッジをオープンに構えた(フェースを開いた)時の角度を調査した結果、「56°ウェッジをオープンに構える」≒「64°ウェッジをスクエアに構える」となることがわかった。
DW-118はフェースを開くといった操作をせずに、スクエアに構えてシンプルにアプローチするゴルファー向けのウェッジである。バンカーショット時に、スクエアに構えて打ってもウェッジを開いた時と同じような状況を生む64°を今回ラインアップしました。

 

製品スペック

DOLPHIN WEDGE DW-120G(セミグースネック)

商品番号 DW-120G
メーカー キャスコ
ブランド ドルフィンウェッジ
対象 メンズ
素材 軟鉄(ヘッド部分)
製造国 日本

〈N.S.PRO 950GH neo〉仕様

シャフト名 フレックス 重量(g) トルク(°) キックポイント
N.S.PRO 950GH neo S 98 1.7
R 94.5 1.9
ロフト角(°) 44 48 50 52 54 56 58 60 64
クラブ長さ(インチ) 35.5 35.25 35
ライ角(°) 62.5 63 63.5
バンス角(°) センター 6 8
ヒール 1 4
トゥ 1 1
バランス S/R D2 D3
ヘッド素材 軟鉄
グリップ オリジナルラバーM58F R 51g
クラブ重量(g) S 440 444 449
R 437 441 446

 

*2010年新しい溝の規制に適合
*日本製

特注シャフトのラインアップとスペックはこちら

この商品に関連する商品

この商品をチェックした人はこちらもチェックしています